記事一覧

腸内フローラ

腸内フローラの研究がどんどん進行しているようです。日本人の子どもの腸内フローラは奇麗すぎるようです。きれい社会の落とし穴という書物が流行った。納豆毎日たべて本当に体に良いのだろうか、納豆アレルギーの研究は横浜市立大学の皮膚科で進んでいる。納豆食べてまさかアナフィラキシーショックが起こるなんて!豆乳と牛乳を比べたら豆乳のほうが優しいと思うのは普通の発想です、大豆とシラカンバ。交叉抗原で想像を絶するものが関係する。アレルギー学会で繰り返し聞くのは豆乳ラテでアナフィラキシーショックが起きた。考えてみれば江戸時代なんて風呂にどれくらい入ったんだろう。毎日風呂に入るのがよいのか悪いのか。ごしごしこすると皮膚を傷めるのは間違いないだろう。お肌をきれいにし過ぎてはいないんだろうか。汗も昔は気持ちが良い汗をもっとかいた、今はエアコンで発汗を止めてしまう。おなかの病気UCクローン病と頭の病気MSが近い病気と考えられるようになっているようです。弁移植が関東から普及している。大便が高価なものになる時代は近い。

眠くならないアレルギーの薬

アレルギーの薬は眠くなるものがある。眠くなるとよく眠れという人がいる。しかしアレルギーの薬で寝れるのは3日ともいわれる。アメリカでは不眠症の薬は抗うつ薬が一位です。アレルギー薬で睡眠が改善できるのはほんの一瞬です。新規第二世代非鎮静抗ヒスタミン薬の下でデザレックスがもうすぐ復活するそうです。姫路でも先週ルパフィン、今週ビラノアの講演会が続きました。ゴダイの男性薬剤師さんと会いました。なつかしい出会いがあります。昔の共立薬科大学今の慶応義塾大学薬学部教授のお話を聞いました。16歳以上の国民の74.8パーセントが運転するそうです。もちろんわたくしのようにペーパードライバーもいます。姫路のような地方都市では58.6パーセント平日に運転します。72.1パーセント休日に運転します。運転中のくしゃみで目を閉じると15メートルも前進するそうです。一方アレルギー性鼻炎32.4パーセント10代から40台に限れば半数以上です。花粉症による鼻炎で第二世代非鎮静抗アレルギー薬を服用することが増えている。ドライーバーも経ている。私は若い時から車に対するあこがれが全くから運転したことがない。免許証は顔写真が入った身分証明書としては有効です。忙しいので明石の運転免許更新センターに休日に行ったこともある。もうそろそろ返納したいが身分証明書として役立っている。給与もらうにはマイナンバー通知そのコピーと免許証が便利です。

ゾレアとわたし

生物製剤は今まで生物製剤のも難しい病態には使えた。重症気管支喘息、重症じんましんのみ保険適応を有したゾレアがスギ花粉症に使える、重症とはくしゃみの回数など鼻アレルギーガイドライン2016で規定されている。ゾレアが重症又は最重症の季節性アレルギー性鼻炎の保険適応を取得したが実はスギ花粉症にしか使えない。ヒノキには保険適応がない。また症状が発現してから行う治療ではない。そして2回から3回お越しいただいて行う治療ではない。自由診療なら可能かもしれない。ゾレアは体重と血液検査で使用量が異なる。つまり体重が多い人血液中のIgEが高値は月に一回か2回か、薬の使用量が多く自己負担金も高くなる。ゾレアを注射するには多くの条件をクリアしないといけない。ゾレアについて勉強したのはゾレアがじんましんに保険適応を取得したときに欧州のじんましんの権威そして日本のじんましんの権威が集まるじんましんの講演会に自腹で幕張のアパホテル&resortで合宿したのがきっかけです。神戸大学皮膚科の先生方も多く参加されていました。土曜日診療が終わってからなので一番いいところの講演は聞けていません。そして最後にGALLENの試験がありわからなかったが皮膚科医に交じって合格証をいただきました。それ以来ゾレアを勉強しています。本当はあまり使いたくない、経済査定を受ける可能性があるからです。昨年は7年ぶりのスギ花粉の大飛散だった。鼻噴霧用ステロイドに抗ヒスタミン薬そして漢方薬を総動員した。今年は近畿は特に花粉飛散が少ない予想、花芽がついていない。

新規非鎮静抗ヒスタミン薬のほうがお得

東北大学の薬理学の谷内和彦先生のご講演はなかなか聞くことができない。PETを用いたりビラスチンがオロパタジン点眼液よりも眠くならないことを証明したりすごい。島根医科大学皮膚科の千貫裕子先生のご講演も素晴らしい、αGALやポークキャットシンドローム、昨年も姫路にお越しになったが今年も内科医会講演会でお越しになるようです。先週サノフィ今週大鵬薬品と毎日WEB講演がある。昼休みが充実している。さらに先週は広島大学の耳鼻咽喉科の先生の講演を2回拝聴しました。スギ花粉の時代からヒノキ花粉時代に変わっている。広島県は兵庫県と近い、今週末広島県に行く。院内で用いる抗体製剤の講演会にお誘いいただきましたが大阪へ兵庫医大救急部におられた先生に講演聞きにまいりますと約束していたので土曜日も漢方のお話を聞きに聞く予定です。先週から花粉症三昧の日々を送っています。スギ花粉の飛散は3割程度になるといわれています近畿で飛散が多いのは奈良県の天理だそうです。それでも今年は大したことがない、しかしもうスギ花粉は飛ばないといわれたが昨年3月10日までは飛散した。雨の後急に暖かくなると姫路では夢前町から花粉がやってくる。ゾレアを重症又は最重症で注射するなら今しかない。その前に検査そしてそして前年の治療内容、そして内服点鼻などフルに使っても効かないことが必要です

姫路駅前変わったな

ファイル 5060-5.mp4

姫路駅周辺が変わった、一般車両進入禁止、といってもいっぱい一般車両がいっぱい入っている。タクシーバス以外進入禁止で50メーター道路は狭くなった。昔は自転車があふれていた。いまは駐輪場に入れる必要がある。タバコ吸っても過料。タクシー運転手は車から降りて立ち話禁止。山陽電車とアルモニーアッシュの間から一般車両が入ってくる。喫茶店がなくなった。チェーン店ばかりです。そこで勉強するのが私。60歳手前でSaint Marcで勉強する人はほとんどいない。雨の日はポイント2倍。パスタも食べたいが我慢してホットコーヒー。駅の北側に喫煙所なんて姫路の恥。駅の中に入っているタクシーはお高いので電話で呼ぶが喫煙所で待つように言われる。受動喫煙いやだな。一定の企業には喫煙所に対する情勢がない企業には体力がいる、おかげで産業医報酬4月から厳顔になるところがある。医師会で紹介していただくこともあるが報酬が?、コンサルタント会や人材紹介に登録する方が上場企業で働くことができる、視野が広がる。

サンテ®ウエルビジョン

サンテ®ウエルビジョンのサンプルをおいただきました。ひと月4千円、私のクリニックでは売れない。サンテ®ウエルビジョンは糖化を抑制するサプリメントつまり健康補助食品です。菱のみの皮が入っているそうです。菱は諏訪湖に行くと増えて増えて困るくらいのものだそうです。EPADHA製剤のロトリガの薬価が一日500円。DHAは網膜や脳に多く分布するらしい。つまり神経に良いかもしれないとされている。日本ではEPAが強い、神戸大学でJELISSTUDYが行われたことも一因と思う。サプリは特定の成分を多く接種する。漢方薬はバランスの医学です。漢方薬でもサプリメントでも肝機能障害が起こる。漢方薬の一番多い副作用は偽アルドステロン症です。つまりむくむ。怖いのは間質性肺炎です。肺が固くなる。HOTの適応になったら大変です。いまだに漢方薬には副作用がないと思っている人がいるのにびっくりする。先生葛根湯出せる?出ませんお迎えでOTCで購入してくださいということが増えた。保険ではその人に合っているのを医師が出す。OTCでドラッグストアへ行けばほしいものをほしいだけ変える。サプリメントも保険適応外だからほしいだけ変える。ニンニク注射という自費で行う注射がある。ビタミンB1B12の注射でニンニクではない。自費と保険の違いが分からん人が多い。労災と保険の違いもお内である。

ヒルドイドフォームは錠剤92錠分に匹敵する

今回の診療報酬改定で後発品が少ない調剤薬局にメスが入ると聞いた。ヒルドイドフォームは92グラム一本だしたら錠剤92錠分なんですよと言われる。g薬価のお薬を使うのは怖い。院外処方ができなくなるかもしれない。後発品使えという国の方針に協力すると不良在庫を抱えることになる。海外は尿素系の保湿剤が多い、日本は尿素系保湿薬が少ない。理由は不明です。皆ポケットからこれ出せるというがヒルドイドを使うと私は院外処方ができなるから無理と答える。それぐらいヒルドイドは大きな影響がある。ゾレアのような高額な薬をとるかヒルドイドをとるか。健保組合側の委員が中医協でどう動くか今後注目される。後発品比率85パーセントなんて私が頑張っても無理、後発品がある先発品に縛りが来る日はいつでしょう。日本ではいつまでも先発品は高薬価です。アレジオンが新規非鎮静性抗ヒスタミン薬のビラノアデザレックスルパフィンよりも高いのはなぜなんだろう。

神戸大丸でコーヒー

神戸大丸のサロンでコーヒーをいただきました。東京と異なりネスプレッソではありません、まどがないが静かで好き。利用者はみんな紳士的時には患者さんとお会いする。姫路の方は姫路の百貨店では買い物しない傾向がある。駐車料金3時間まで無料が大きいそうです。春節で大きな荷物を持つのは中国からの観光客。みんなマスクなんてしてません。シャネルや資生堂は大賑わい。梅田の大丸にはサロンがない。観光立国も大切ですが感染症水際戦略の方が大切です。

10年20年そして30年

仙頭クリニックが開設30年系統中医学が20年関西系統中医学が10年になる。おめでとうございます。そんな華やか晴れやかな気持ちで第10回関西系統中医学講座に朝から臨みました。私にとっては国家試験に受かって30年です。最初は基礎理論編のみ、最初はお茶の水スクエアでの数回は受講者が殺到して飯田橋中心に変わった。最初はオーバーヘッドプロジェクターだった、仙頭先生が一枚一枚買えていた。そして社員が確認用に撮影したビデオを5000円で販売していた。途中でDVDになったがコストの問題でDVDにはなかなか変わらなかった。講座は増えて原則第二第三日曜に行われたこともある。つまり4講座を一年で学ぶ形でした。またゼミナール室といって症例を受講者が出して開設する講座もあった。きょうは生理病態治療編の循環器腎泌尿器の整理と病態・治療です。ホテルサンルート梅田がホテルビナリオに名称が変わった。そういえば東京飯田橋の後楽園近くの日揮ファーマビルも途中で持ち主が変わり使えなくなりました。会場の確保にコタロー漢方製薬様も奔走されていることと思います。ご講演始まりました

系統中医学講座大阪

大阪で行われる第五期関西系統中医学講座の最終回でした。先週の東京飯田橋でのエキス漢方ZtoAでは平成二年の十二月三日に仙頭クリニックが開院になった。三十年でこれだけかと謙遜にお話しくださった仙頭正四郎先生。もうすぐ系統中医学講座関西系統中医学講座通算二十周年おめでとうございます。系統中医学講座は決して個展に帰れとは言わない。内経に帰れという中医学。経方に帰れという日本漢方古方派。そうではなく西洋医学も進化しているから東洋医学も進化しないといけないというのが関西系統中医学の基本概念と私は理解する。関東では阿曽まで仙頭先生は私たちに惜しげなく自らは捜索した系統中医学について教えるのか。最近はおっしゃいませんが私の体は一つしかありません。皆さんが広めてほしいから惜しげなく資料を提供しています。それから仙頭先生の国語の力がすごい。誰でも原稿作ったら訂正が入る。近年ほとんど訂正がない。これ間違ってないかなと質問に行ってもこれでよいとのことです。第六回関西系統中医学講座が四月から始まります。何回聞いてもわからない。講演きいたときはわかった気にさせていただく。なにかエネルギーをいただいたような気になる。復習が大切です、朝、会場に早くいったらテキストを一生懸命読むことも大切です。私は関西系統中医学講座、エキス漢方ZtoA、エキス漢方ZtoAin名古屋を休みながら参加している。仙頭正四郎の講演を拝聴することで私の漢方は少しずつ成長している

ページ移動