記事一覧

微量のヒスタミン

ヒスタミン1はアレルギー、ヒスタミン2は胃酸を抑えるそしてヒスタミン3まで海外ではナルコレプシーの薬になっているそうです。つまりヒスタミンは悪いことばかりしていると考えられている。ところが最近めまいの薬を10倍服用したら記憶が良くなったという記事が出た...。Nがたったの38人らしい。ヒスタミンは見つけた人がノーベル賞ヒスタミンの拮抗薬を作った人もノーベル賞受賞。ヒスタミンは凄いポテンシャルを持っている。ヒスタミンの脳内作用には覚醒作用、認知機能の向上、摂食の抑制、痙攣の抑制、自発運動量の増加があげられている。ヒスタミンの主な作用にはかゆみの伝達、血管透過性の亢進です。H3の薬はH3ANTAGONISTのPITOLISANTでナルコレプシーの薬だそうです。覚醒剤は依存がある、この薬はアメリカFDAが審査中だそうです。微量のヒスタミンが体に横としている、これを研究する人がいる。生物活性物質の二面性を見ると何が悪で何が善かはわからない。ヒスタミンの薬で記憶が良くなるのが話題の今日この頃です。中学入試はほとんど終わりですがセンター試験は明日も続く。

適宜増減不可のアレルギーの薬

以前からなぜ新しい抗アレルギー薬のビラノア・デザレックスは適宜増減の文言が入っていないかわからず疑問に思っていました。ヒスタミンの脳内受容体占拠率の話でしばしば引用される文献の東北大学のやないかずあき先生のご講演を聞くために診療を17時で終え大阪駅の近くの会場に向かいました。結論から言うと素晴しい講演会でした。新しい抗ヒスタミン薬のビラノアやデザレックスがどうして適宜増減できないかわかりました。抗ヒスタミン薬には多かれ少なかれ眠気があります。非鎮静作用を本当に歌うならすべて増量してはいけないそうです。民間の保険会社の判断で抗ヒスタミン薬はヨーロッパでは4倍量の増量が認められる。皆保険の日本ではスペインから入ってきたビラノアやデザレックスは適宜増減不可の意味がやっと分かった。休診にして患者さんに迷惑かけて大阪まで言った甲斐があった。またヒスタミンといえば悪者と思っていたがめまいに使うベタヒスチンがヒスタミンを大量にヒスタミンを作り記憶回復という記事が新聞に載っていました。ヒスタミンとオレキシンは視床下部に相反する働きをするのであろうか。

ラジオ関西の収録に行きます

ラジオ番組収録の原稿作成でブログの更新がなかなかできません。無茶苦茶忙しいわけではないですが。近々つまり来週あたり21時から神戸のハーバーランドにあるラジオ関西へ収録に行きます。きっかけは私が書いた文章になんと90000アクセスも来たことがきっかけのようです。アナウンサーの方が読むのがうまかった可能性もあります。90000万アクセスもあり驚かれ何かなさいましたかと電話で問い合わせがあったぐらいです。若い時に2001年ごろ姫路のケーブルテレビウインクに出演しました。テレビの収録はこうするのかと思いました。当時はプレゼンテーションソフトのPOWERPOINTがなかった。著作権もうるさくなかったので持参した表やグラフを拡大していました。当時予算がない姫路のケーブルテレビは何度も同じ番組を放送した。するとどこへ行ってもお医者さんやったんやねといわれた。あちこちで身分がばれてしまった、私を見て医師とは思わない人がほとんどです。漢方やアレルギーの講演を聞くためいろいろなところに出没しますが皆さんまさか私が医師とは思ってないようです。駅前で特に駅南で私を見たとおっしゃる患者さん結構おられます。寒いので最近はこもっています。寒いだけではなく現行の出筆でパチパチパチパチとWORDをうっています。ラジオ関西の放送予定は1月31日(木)夜です。19時40分ごろから約10分の予定です。

あすからしごと

いよいよ三が日も最終日ですが家から出る気がしない。疲れがまだ残っている。今年はクリスマスあたりがから休日モード暇になった。元旦はお迎えのゴダイドラッグに普段の感謝の気持ちを持って福袋を買いに行った、10000円で11000円分の商品券が入っているわたくしのような下り坂の医師にはうれしい。3月まで使えるのユックリ使いたい。2日午後に訪れた百貨店の福袋はゴルフウエア意外と売れ残っていた。2万円から3万円中には5万円もあったが売れ残っていた。アロマのオイルは売り切れていた。豪華な高級福袋よりも3000円から5000円がよく売れていた。アロマオイルを購入するには福袋。私はどうも両親から質素倹約を教えられているので福袋には豆である。衣服の福袋は無駄なものが入っている。バーゲンで好きなもの買うのがお得。プレセールの時期に行くとサイズがなくてもたいてお取り寄せいただける。かばんや財布は福袋にしている、今年は姫路にはないブランドハンテイングワールドの福袋の高いのがゲットできた。梅田の阪急百貨店1月2日に受験生ではない子供とと妻と3人で出向いた。朝一番のバスに乗ったが回転の朝9時には間に合わずゆった朝9時過ぎだがゆったり一階正面のエレベーターには一台に一人職員が配置されていた。田舎町とは違いますなあ。アロマオイルとこどもに服とベルトに財布を買ってさっさと撤退ひめじで山陽に行って靴にベルト購入した。さらに出直し元町の大丸に今度は自分のものを買いにいた。

エキス漢方ZtoAの資料

エキス漢方ZtoAのテキスト、DVD、振込用紙が送られてきた。大阪国際会議場で行われた第五回総合アレルギー講習会と日が重なり欠席してしまいました。コタロー漢方製薬東京支店の方々の必死の作業で今日届きました。感謝感激。最後には清肺湯,滋陰降火湯、滋陰至宝湯の使い分けとパートナー選びが記されている。疏肝清熱、湿熱処理、心への作用強化、咳にはといった合法のコツが書いてある。滋陰は日本の漢方ではない概念です。ちょっとと違うがわかりやすく言うと津液が不足している状態。日本の漢方では水の余った状態しか考えていません。途中には百虎加人参湯と麦門冬湯さらには保険適応はないが竹葉石膏湯の鑑別も記載されています。これからの姫路はひたすら寒いが雪は降らないすなわち滋陰が必要です。このZtoAも最終回まで3年近くかかります。書籍なって出版されたら目から鱗の話満載です。漢方診療の患者さんがたくさんお越しになり来年も進化するお話を聞くため東京飯田橋のレインボービルに行けたらよいなあと思います。よその医療機関では処方しない処方を道具に保険の範囲内での漢方診療を頑張りたい。

小児のアレルギー検査

小児のアレルギー感作状態を調べるには痛みを伴う。目を見て何に感作されているかわかる医師はいない。しかし保護者はそうは思わないみたいです。目を見るだけでアレルギーですか?何のアレルギーですか?それは痛みを伴う検査が必要です。今のところ涙液でRASTを図ることが保険適応になっていない。RISTでアレルギー陽性に出ても保護者は喜ばない。保護者と検査医には乖離がある。最近私共ではVIEW39と同じものが20分でできるというすぐれものの件を冬に向けって増やしている。冬になると血管が見えない採血ができない。しかし8項目しか一度に見れない。そして不思議なのはいt度検査したら2回目3回目は検査を希望しないむしろ拒絶される保護者が非常に多いことです。普通昨日まで大丈夫な人が異常を訴えるこれがアレルギーです。どんどん感作項目が増える、しかしダニやハウスダストみたいに感作されていることに気づかない項目も少なくない。アレルゲンはどんどん増えていくのが普通のお子さんです。検査、何の役立ちますかという質問をされる方も非常に多い。

アニサキスアレルギー

相模原臨床アレルギーセミナーは来年も2月1日申し込み開始です。できれば参加させていただきたい。原則子供の食物アレルギーはお断りしている。理由は食物負荷テストをしていないからです。大人の食物アレルギーは受診できる医療機関がないから仕方がない。食物負荷テストは安全ではない。しかし食物負荷テストを行わないと前に進まない。あるいは少し食べないと話は進みません。牛乳アレルギー児がもちいるミルクには加水分加入、アミノ酸乳、大豆乳にはいずれもセレンが入っていません。セレンを付加することがいるそうです。ちりめん雑魚にはエビが混ざっていることがある、これはたいてい摂食可能だそうです。牛乳にはヤギ乳と強い考査抗原性があるそうです。つまりあかんということです。まだまだ分からないことばかりの食物アレルギー、食べて治す治療も始まっているが一定の割合でアナフィラキシーが起きることを覚悟して負荷試験を行うことになる。勉強してもほとんど使えない食物アレルギーですが可能なら来年も休診にして横浜に行きたいです。

ニキビ瘢痕

ニキビは瘢痕化しないのが治療の目的です。海外ではLEP・OCいわゆるピルが使われているそうです。経口避妊薬を尋常性ざそうに用いることは日本では保険適応外です。LEPは月経困難症・月経前緊張症の治療、そしてスポーツ選手の調整などに用いられるそうです。生涯、尋常性ざそうは90パーセントの人が経験します。25歳までに90パーセント以上が改善するそうです。皮脂は男性ホルモンのアンドロゲンで調整されます。男性ホルモンのアンドロゲンは男性は精巣で女性は副腎でつくられます。私のクリニックにはホルモン嫌いの人が多い、アトピー性皮膚炎の副腎皮質ホルモン嫌いの方には困る。しかしプロトピック軟膏しか要らんというのももっと困る。副腎皮質ホルモンの副作用の一つがニキビです。今の日本の保険治療には瘢痕を回復する治療はない。

四物湯

桂枝加芍薬湯と四物湯で神田橋処方です。神田橋処方には謎が多いようです。なぜ子の処方が神田橋処方に基本になったかはわからないそうです。処方になったか普通四物湯は単剤で使う処方でない。その四物湯を関西系統中医学講座の生薬処方解説編で仙頭先生が解説されました。これがたいへん私には理解しやすいからご紹介いたします。地黄は一番血を補います、一番重い膩の性質の性質を持ちます。胃もたれしやすい。地黄を四物湯から抜くと補血の意味が小さくなるそうです。血中の気薬といわれる川芎は上向きのベクトルで血と気を上げます。だから血中の気薬といいます。当帰は補血よりも活血してぐるぐる血を回すそうです。芍薬は粛降作用があり補血と補陰の働きをします。以上のような解説がとても分かりやすかった。来年も3月をのけて関西系統中医学講座に参加したい、可能ならエキス漢方ZtoAにも参加したい。

六君子湯と茯苓飲

姫路市内の南のほうから患者さんがお越しになった、この方がかかっておられる医師は私とよく似たお考えのようで附子は修治附子ではなく炮附子が0.8グラム入っていた。どうも胃が動いていないようで自ら振水音がするとのことでした。六君子湯が出ていた。この六君子湯が一番手に入りやすい会社のものではない。修治附子と同じ会社です。六君子湯には甘草が入っている、茯苓飲には甘草が入っていない。つまり六君子湯よりも津液の代謝に有用な薬と最近は六君子湯と茯苓飲を使い分けるようにしている。紅蔘末で補気補陽して炮附子で補腎する。この患者さんが一週間経過して戻ってこられた。六君子湯よりも茯苓飲が良いそうです。六君子湯よりも無名な茯苓飲が良い時とは津液代謝を改善したいときのように最近考えています。利水薬には五苓散や猪苓湯と同様に甘草が入ってない。茯苓飲のほうが下向きのイメージが五苓散よりも強い。

ページ移動