記事一覧

アレルギー性鼻炎の内服薬と食事

アレルギー性鼻炎の漢方治療には麻黄が必要である。ディレグらは空腹時服用です。麻黄はプソイドエフェドリンという名で西洋薬のデイレグラ上に配合されている.120mgものプソイドエフェドリンが配合されている。この度後発医薬品が発売される。デイレグラはアレグラとプソイドエフェドリンの配合錠である。今年何人かの受信者の方にビがつく4文字の薬といわれたそれがアレグラの改良型ビラスチンこと商品名ビラノアです。ビラノアは理想の高荒れるg-役に最も近い。アレグラ開発の裏にはトリルダンをグレープフルーツジュースーで服用し血液中の濃度が上昇しQT延長という副作用問題で発売停止になったと記憶する。グレープフルーツジュースはOATPを阻害する。つまり吸収が低下する。このころからCYP3A4代謝が問題になった。そこで登場したのアレグラである。クラリチンが最近は酷評されている抗コリン作用が強い、眼圧上昇や緑内障を起こす確率が上がる。食事の影響がないのがデザレックスとルパフィンだそうです。果汁100パーセントならグレープフルーツだけではなくオレンジリンゴでもCMAX下がる。ビラノアでは食後投与は食前投与に比べAUC40パーセント低下CMAX60パーセントTMAX2時間延長する。ビラノアはスペインでは4倍量投与できる。アレグラが一日180MGの錠剤もある。アレルギーの新しい薬は安くて食事との影響を研究している。トリルダン以前は研究されていない、新しい薬の方が安いのが不思議な現象です。東北大の薬理の谷内教授の話もよいが湯田厚司先生の話も素晴らしい。半分くらいは食事の時間により抗アレルギー薬の効果は変わる。

イネ科とカバノキ科の花粉飛散がひどい

4月末から花粉症をはじめアレルギー患者さんが重症だ、今まで見た中で一番重症な春季カタルの眼瞼が他の方がお越しになった。すでにリンデロンとタリムス点眼液が入っていた。私で出来ることはダニの舌下免疫療法と考えミテイキュアを開始した。私の足も重症です。今日は土曜日普段ご多忙な学校の教員の方が3人見えた、鼻が詰まって眠れない、中には耳鼻科4件行ったが鼻閉で眠れない。漢方エキス製剤でも鼻閉から解放されるなら服用すると持って帰られた。教室の窓すべて開けたらカバノキ科やイネ科の花粉の方はたまらない。漢方薬の中で一番麻黄が多いエキス製剤を処方した。赤ニキビも目立つ、夏に向け得て帯状疱疹のワクチンも接種させていただいた、足が悪い私には精いっぱい頑張った。。歩けない自転車こげない。久しぶりに入浴した。老後に住むためにこのクリニックはホームエレベターがつくようになっている、自宅と違い風呂は2階にしかない。しばらくは自宅の離れで寝ようかとも思う、風呂はないがトイレと広い部屋はある。整形外科でお借りした手押し車がとても快適だった、中古品でもよい来週探してみよう。

導入はシダトレン、慣れたらシダキュアに変更しています

シダトレンはスギ花粉の舌下免疫療法において大きな役割をはたしてきた。しかし製造中止になるから仕方なくシダトレンをシダキュアに変更している。今年は花粉飛散が今がピークです。スギ花粉の飛散もヒノキ花粉の飛散も早々と終了、イネ科花粉とカバノキ科ブナ科の花粉に変わっている。姫路の5月は毎年カバノキ科ブナ科そしてイネ科の雑草に変わる。そしてみんな自粛で一カ月遅れの東北にはいかない。ならばスギ花粉の舌下免疫療法の最終ステージシダキュアで仕上げ様と日々取り組んでいます。患者さんには副反応が非常に少ないシダトレンから口内炎や口腔内掻痒感が少しあるシダキュアに変えましょうといっている。親子で口がかゆい人、そして20年通院しているアトピー性皮膚炎の方に投与したら口の中に尺年間を感じやめてしまった。ここのブログいろいろなメーカーの本社の人が見ているからこんなことを書くと副作用報告をMYMR君から求められることもある。足がいたいが毎日コツコツ生きています。通導散と治打撲一方はロキソプロフェンよりもよく効いてますが昼から足がむくんできました。この痛みは瘀血の痛みなんだ。最近NSAIDsはULCERとRENAL DYSFUNCTIONを恐れて安易に処方しないことにしています。もちろん自分でも服用してません。

Dr岡の第二回講演がよかった

マイランEPD合同会社さらにはノバルテイスなどでCOVIT-19の講演会を切って理解を深めています。埼玉医大のDr岡の講演会が素晴らしかった。Dr岡は感染症の専門医で昨年の秋神戸で製薬メーカーがスポンサーではない生の講演会を聞いた。とてもよかった。COVIT-19が流行しこれで2回目の講演でしたがわかりやすかった。一番はDr岡は感染症専門医の立場、マスコミに出てくる方には公衆衛生の疫学の大家が多いように思う、私たちが最近医療従事者向けに効くのは呼吸器内科や感染症内科の大家が多い。COVIT-19のように治療がない病気にPCRをやみくもにしてはいけないとDr岡はじめ多くの演者が述べている。マスコミではなんでもっとPCRをしないのかど素人の司会者やコメンテーターが連呼している。もっとひどいになる一番患者さんのことを知る主治医がなぜPCRをしないのかと批判している。餅屋は餅屋。テレビでは医師は一人、あとはど素人。同じ医師でも公衆衛生の専門医と臨床医ではPCRに対する見解が全く違う。医師は医師免許があれば万能、PCRの定量とウイルス感染症の相関はわからない。PCR陽性が意味するものは必ずしも感染性を示さないところです。

関西系統中医学講座を広めよう

姫路ではないが薬剤師会の学術担当役員さんと漢方薬には関係ないメーカーさんでCOVIT-19が落ち着いたら東洋医学つまり関西系統中医学を広めようという内容の講演の企画をいただいいる。毎日足が痛い中スライドづくりをしています。写真を撮ってではなく自分で図形を作成しています。仙頭正四郎先生のPC力そして層構造も微妙にずれていたリ矢印の太さもいろいろ色も病に変えてある。英語や数学でも自分で書くことが一番大切です。仙頭先生のテキストを今の自粛の間にいっぱいPCで描いてこの線一本多いこれは何を意味するかと考える日々を送っています。会場の確保の問題などコタロー漢方製薬がご尽力いただいているがCOVIT-19問題で今後より広い会場が必要になる。梅田から徒歩圏内での会場確保はより困難になると思います。せっかく漢方メーカーではない会社が講演の機会を与えてくださるのだから好きなお話をしたい。スライドをまねして使って講演するには仙頭先生からはどこでどんな講演をするかコタローさんを通して見せてくださいといわれている。COPYRIGHTはコタロー漢方製薬にある。足はいたいがコタローの通導散は1Pなんと4グラムもあり生薬量が多くお得、治打撲一方はツムラにしかないエキス製剤数少ない温下剤である。山本巌流では通導散が肺線維症などの炎症をとるのに重用される確かに大怪我してから便が堅くなった。これがお血だ。

うちの担当のMRさんが頑張っている

漢方メーカーのMRさんは自筆で千福貞博先生の講演会市長のお礼の手紙をくださった。他のメーカーさんは系統中医学講座の再開のめどが立たないと電話や郵便で送ってくださる。2つの会社のMRさんからインフルエンザのワクチン株についても案内いただいた。そうかと思えば肺炎球菌ワクチンンについて聞こうと女性MRさんの携帯を鳴らしたがうんともすんとも連絡なし。調べて分かったのはプレベナー13はワクチンがとても高い。MICROSOFTTTEAMSでWEB面談してくださり情報を共有したり新しい形の面談が始まっている。マイランEPD合同会社は精力的にWEB講演会をしている。毎月東邦大学教授感染症学会理事長の館田先生の講演会がWEBで開催されていてありがたい。エピペンの会社ですがきめ細やかにWEB講演会の案内をメールで知らせていただいています。子供の大学受験も終わり終わり姫路駅には3月から行ってない。子供もせっかく入学できたがWEB授業ばかりで退屈そうだ。一人も友達いない。6月になってもWEB授業だそうです。実習以外大学に入ってはいけない。原付を買ったらしい請求書が来た。電動自転車のほうがよいと思うが仕方ない。北九州の大学周辺は4車線の広い道で作られた町だそうです。田舎の国立に行ったら新型コロナウイルスがいなかった。人生万事塞翁が馬。MRさんメールや持参でいろいろ情報提供してくださる。足が痛い、自転車もこげない。眼科学校検診がなくてよかった、2学期以降になっている。

関節内の出血も瘀血だ

大怪我をして歩けない。そんな私の楽しみは外相に効く漢方エキス製剤探し。ツムラなら治打撲一方コタロー漢方なら通導散を医薬品卸に注文した。痛い私がロキソニンを飲んでいては漢方専門医ではなくなる。漢方薬でも治打撲一方や通導散などで活血するそして理気する温陽するいろいろな漢方薬を試してみたいと思って注文した。私は虚弱なので寫下作用のある漢方で下痢になるのかならないのか。大杉製薬さんも何か頼もうとおもってるが思案中。私たち医師は自家診療ができないから健康保険証は掛け捨て保険です。コロナの濃厚接触で廃業かと思ったが今度はけがで廃業か。やめたら天台宗の僧侶にもどるしかない、もうお経も作法も忘れた。力もなく字もきたないからなんのとりえもない。兵庫県保険協会の薬科部の漢方研究会について7月どうしますか?二つの部屋を使って行うか。しかし認定薬剤師のシールがつているから最近はいつも満席です。場所も最高旧居留地近くで大丸もある南京町もある。私が今準備しているのは違う薬剤師会の講演準備。どこでどんな講演をしてというスライドも見ていただくことになっている。仙頭先生にご覧いただき許可いただけるか。大怪我で歩けないからどこ行くにもタクシーです。

先生お大事にね

昨日、雨降りの中パソコン教室への途中自転車で滑った、漢方薬の書籍をたくさんかごに積んでいた、普段ならアスファルトの上を自転車で走る。今日現場検証したら雨降りやからつるんと滑った。さすが整形の先生は膝から無痛で血を抜いてくださった。診察抜け出していこうとしたらプラセンタ注射の女性が2名注射にいお越しになった。こんな私のもとにも患者さんがと思いプラセンタ注射してから整形外科に行った。家族でかかったことがないのは私一人、むちゃくちゃ手際よい。アッというレントゲンそして折れてはないようだし人体も大丈夫そうとのこと。歩行器は便利屋やな車椅子ならあるけれど。ありがたいことに女性の患者さんほぼ全員先生お大事にとおっしゃって帰っていかれた。漢方診療のおかげで8割が私と同世代のご婦人です。しかし松葉杖の使い方わからへんなあ。膝から真っ赤な血が20mlぁっというまに抜けた。

大怪我をしました

自転車で大怪我をしました。患者さんにはご迷惑をおかけします。優しい患者さんからはお大事にね先生と言われるようになった。先生も優しかった、お昼休みでも診療しますよ、そんなわけにはいかない。膝の中が血だらけです。人体や骨折は内容です。歩けないつらさは人生初めてだ。医者の不養生。人生先が見えているような気がする。自宅とスーパードラッグストアを行き来するだけなのに雨で滑った無茶苦茶痛かった。立ち上がれなかったが地域の有名人が倒れても誰も気づいてくれない。整形外科では無茶スムーズ。これも看護師さんらの連携の良さを感じた。しばらくはタクシー三昧です。タクシーの売り上げ9割下がったようです。これも社会的貢献です。家に帰ろう。とおもっても帰れません。

開院10年です。

開院10年です。コロナウイルスで経済が滞っているだからこそ今10周年を記念して投資します。前のパソコンの先生が双子をご出産され、講演会のスライドづくりを休んでました。今日から違う先生に学んでいます。写真で取り込んだら簡単ですが仙頭正四郎先生のご講演のテキストをまねしています。さらには舌下免疫療法をはじめとするアレルギーの話もスライドを作っています。またホームページの改定も順調に進んでいます。COPYRIGHTが厳しくなり難しい時代です。ひめじではないですが薬剤師会での講演依頼を受けています。漢方かアレルギーかちょっとだけ眼科もといわれていますがコロナ騒動でいつになるやら。せっかく無名なにしかわを呼んでいただいたのに。患者さんはより一層患者さんは少ない、眼科学校検診が行われないため昨年に比べてとても優雅な日々を過ごしています。500万円するハンフリー視野計がアメリカから入荷しました。開院して10年、お陰で二号機になります。感光紙から普通のプリンターになります。フロッピーからUSBに変わります。駐車場の白線も新たにきれいに引きます。月ぎめでご利用いただいているところもクリニック専用のところもきれいになります。

ページ移動