記事一覧

広島漢方談話会

聖路加国際病院の新進気鋭の先生がリウマチと膠原病を解説してくださるというので新幹線で一路広島へ行ってきました。寒くて体調がよくないのに漢方の話があるときくと昨日は昼は比較的暖かったので新幹線に飛び乗ってしまった。担当ではないのに広島と博多のコタローさんはわざわざ講演会の案内状を送ってくださる。広島は岡山・高松も送ってくださる。いつもどうり満席だった。認知症と同じでリウマチも周辺症状に漢方薬は使ってよいそうです。漢方薬は周辺症状に良いそうです。広島は私よりも年齢が高い私は注意ですといわれる医師が多いと思います。聖路加国際病院は一泊入院が3万円だそうです。だから早く退院していただかねばならないそうです。どこでも昔から同じですが難病になると困難どうでしょうと患者さんがお持ちになることがあります。先生はそれよりも漢方薬がよいとお勧めになるそうです。最後におっしゃったのはリリカは睡眠薬です。痛み止めではありません。25mgずつ増量されるそうです。アロマのような講演でした。

花粉症の原因は風邪です

風邪(風邪)は自然界の風邪に似ている。風邪は良く良く動き数変、風の性は動をつかさどる。風は百病の長風は陽邪でそのせいは開泄である。かぜは風じゃが起こす病気です、花粉症もこの4つの性格を見たし原因は風邪です。CAPRASTでアレルゲンを検索することもできない時代に作られた漢方薬が今は感冒にも気管支ぜんそくにもそしてアレルギー性鼻炎の治療にも用いられます。感冒の子の時期の花粉症も風寒の邪つまり風邪・寒邪の合わさったものです。同じ花粉症でも5月になると陽気が満ちてきます。寒は陰邪で陽気の障害が起こる、寒の性は凝滞、寒の性は収引である。じんましんはいくら検査しても原因がわからない病気です。漢方診療ではこれも風寒邪です。インフルエンザや感冒も風寒の邪気が侵入したと考えられます。西洋医学を学ぶとこれは怪しい医学と思われます。しかし漢方薬は風寒の邪を撃退するには有効です。

アレルギーの薬

ホテルオークラ神戸でデザレックス発売一周年記念講演会が行われ姫路からも多くの参加者がおられました。発売記念と同じ平安の間で行われましたが発売記念講演会と同じでメーカー色がない公
園でした。構造式の上では抗アレルギー薬はもともと3環系や4環系抗うつ薬だったそうです。タリオンとアレロックは日本で開発されたそうです。そしてダレン・レミカットの貼付剤が発売されるそうです。西日本では昨年も4月に花粉飛散が重症化しました。95パーセント杉の木が高齢化しているため今後はヒノキが重要になるそうです。そしてヒノキの舌下免疫療法はスギやダニの舌下免疫療法が薬価が低いため上市される見込みはないそうです。スギとヒノキはともにヒノキ科の植物です。スギ花粉症の舌下免疫療法がヒノキにも効くとされてきましたがスギとヒノキでは抗原が異なるため効かないことがわかってきたそうです。新薬と言ってもアレルギーのお薬は一日薬価が70円や100円といった低薬価のものが多い。そしてビラノア発売1周年記念講演会で聞いた話では日本のスギが中国や韓国などの富裕層から買われているが巣の後に植えられているのは花粉が飛ぶ杉の木だそうです。

三補三寫

三補三寫で有名なのが六味丸です。滋陰・補陰のエキス製剤が六味丸です。補中有寫、温然不燥。固摂しすぎると邪気がたまる。しかし完全な陰虚はなく陰陽両虚を考え私は附子が少ない八味丸を使うため六味丸を最近は用いることはない。調剤薬局の在庫が増えるので八味丸をさらには牛車腎気丸を用いる。三補三寫とは六味丸のためにある言葉です。その応用範囲は広い。補いながら寫するのがよい、最近冷え性の方しもやけの方が多いので温めるためにツムラの紅参やコタローの炮附子末を多用していました害が重いとかいうご意見が増えてきたので振り返ると巡らせるという発想が向けていました、材料の供給、気血を補うだけでなく活血したり気を巡らせることが不足していたようです。抑肝散陳皮半夏や排膿散及湯で気を巡らせることが抜けていました。ほう附子や紅参で温陽することばかりしていました。もっと気の巡りを考えて2月は漢方診療に取り組みたいと思います。

農文協の冷え症

今年は寒い、冷え性といえば漢方薬。農文協から207年1月に冷え症という書籍が出ています。農文協の冷え症には一般の方にも養生法などが丁寧に記載してあります。姫路はインフルエンザが爆発しているようです。冷え症という書籍を書いた著者の中でお二人が亡くなったそうです。関西系統中医医学講座で聞きました、お二人とも女性医師です。しかしお一人は書籍の後ろにお名前がありません?聞き間違えたんでしょうか。漢方診療していると患者さんは女性が十中八九です。あまりにも寒いので紅蔘とホウ附子まつをいっぱい使っています。系統中医学的には材料の提供だけでは巡らない。赤い液体があっても廻らない、巡らなければ役立たないのが血液です。83歳の女性でプレガバリン75mgが一日3錠入っている患者さんを拝診しました。血小板が5000しかありませんでした。消化管出血したらどうしよう。おそらく薬剤性ではないかと愚考してプレガバリンを止めています。自称冷え性の女性が多いと思います。紅蔘や炮附子まつを服用していただくと胃が重いという方がいる。もっと、理気しないといけない、赤い液体と気がくっついて初めて血液となる、また赤い担体が気を巡らせている。気を巡らせることこそ冷えを改善すると実感しています。

センター試験に漢方薬が効いた

センター試験の二日前にお迎えのdrugstoreに受験生を連れた保護者が漢方薬で心が落ち着くものを欲しいと来られたそうです。損難しい処方と私のところを紹介されました。四診合算して顆粒や細粒は服用できるかどうかわからないので錠剤とカプセルを処方した。センター試験無事終了したかなあと思っていたら親子でよく聞きました落ち着いて受験できましたとのことでした。そこで今度はエキス顆粒エキス細粒を処方しました。私のところだけではなく漢方専門医の元へはどこでもメンタルの方はお越しです。年末の加古川からパニック障害の方がこられたが再診されていない、きっと効かなかったんでしょう。残念です、仏の顔も三度までというが一回だめなら藪医者の烙印を押されるのが漢方薬の世界です。漢方診療は利益を生まない、逆ザヤも多い、以前はせんじ薬も処方していましたが薬局さんに断られ、せんじ薬希望の方は薬局さんからコタローの匙クラブにしてくださいと言われた。私の処方箋はいろいろな薬局に飛んでいくようです。一番したい診療は漢方診療、一番したくない診療はこの薬出せるという患者さん。DRUGSTOAREと保険診療は違う。次に嫌なのはカラコン。目に良くないレンズを出すのは商売人。

冷え性に漢方薬

寒いです。西洋薬には末しょう循環改善薬はあっても冷え性を温める薬はありません。ユベラ飲むくらいなら漢方薬のほうが温まります。サウナでも行って温まりたい気持ちです。紅参は朝鮮人参です。附子はトリカブトの細い根っこです、生なら殺人に使えますがオートクレーブで高温を加え無毒化しています。三和の加工附子、鶴らの修治節、コタローのほう附子。いろいろあります。さらにはウチダの膠飴Mは完全な逆ザヤです。しかし門前の薬局は寛大な心で使うことができる環境です。オオスギのサフラン心が落ち着き活血化瘀します、お茶にして服用していただきます。姫路ではせんじ薬は保険では処方できません。かんぜんなぎゃくざやで漢方薬局が姫路では圧倒的に恵まれた環境で漢方診療をしています。しかし1回2回の診療で人を見抜くことはできません。4週間処方を希望する方は続きません。漢方薬局では15000から20000万円が一カ月のお薬代です4週間処方の方はいつの間にかお越しにならなくなります。歳置いた私にはじんましんやアトピーなどアレルギーや漢方診療がぴったりです。更年期障害不妊治療の患者さんも増えている。

脳内ネットワーク

北浜にアレルギーQ&A研究会にいき途中抜けて脳内ネットワークのお話を梅田に効きに行きました。講師の先生は遠路沖縄からお越しいただいたそうです。1月に亡くなられた漢方界では知らない人がいない土方康代先生に喪を表してか女医先生は黒い洋服を着ておられる方が目立った。脳が安静時に働くのはdefaultmode networkDMNだそうです、今まで何かをするときの研究が中止でした。Working memory neyworkは作業時間が必要な時間だけ情報を脳に保つ記憶です。視床背内側角と前頭前野を結びます。前視床放線が認知症などと大きく関係するそうです。乳頭体と海馬をつなぐ脳弓をつなぎ短期記憶を関係するそうです。世界一のMRI保有台数を誇る日本では拡散テンソルトラクトグラフィーでこのような以上の増悪がわかるように5年以内になるそうです。抗コリン薬が頭と密接に関係するのは関係ない。抗コリン作用は脳内ミクログリアの活性化を庄司炎症機序を増強することより神経変性を増強する。つまりベシケアがベタニスに変わってきてベタニスがTOPになっている。アメナリーフもアステラス製薬が治験を行っていましたがベタニスのほうが市場が大きいためアメナビルの開発はマルホに移ったそうです。認知症新薬空白時代になっている。最有力のイーライリリーが新薬開発を断念した。ガンよりも認知症は強力です。20年かけてたんぱく質が蓄積する。

不妊の漢方治療

中国でも父親が小児科なのに婦人科、そして日本にお越しになっても婦人科しか診療しないいう中医師のお話を岡山で聞きました。卵巣力と子宮力のお話でした。内膜が厚くならなくても競争の激しい首都圏の婦人科卵を戻すようです。日本にも中医学が入り周期療法というのがしばしば行われるようになってきました。南京中医大学のカケイセイ先生がはじめられた周期療法は薬局の漢方では非常に盛んです。これはある程度子宮力・卵巣力がある人に短期勝負を行うすべだそうです。日本女性はストレスいっぱい、安中散といえば日本では胃薬ですが中医学では理気止痛の方剤です。コタローさんにはカプセルもあります。芍薬甘草湯は冷やす薬ですが安中散は特に延胡索が温め痛みをとります。血熱といえば大黄牡丹皮湯ですが腸廱湯も使えます。腸廱湯は女性に人気のヨクイニンが9グラム配合されています。美肌効果ではなく痰飲を除いてくれます。疏肝理気には加味逍遙散、脾胃の理気には香蘇散腸の理気には九味檳榔湯が良い、北京中医大学でも九味檳榔湯について講義をなさったそうです。

ビラノア講演会

今週は毎日昼休みも夜もアレルギーのウエブ講演があります。今日は本当は産業医の仕事が入っていましたがビラノアの講演を拝聴するため急遽日を変えていただきました。一月は眼科にとって一番暇な時期です。病気がありません。がんばって勉強しています。今日はビラノア、明日以降もデイレグラ、来週はデザレックス、先週はスギ花粉の敏感型の患者さんが気温の上昇で急増しました。antihistaminesには今年からせかいの遅れること16年ルパフィンが使えるようになりました。この後登場するアレルギー薬はなんとレミカットやダレンのパップ剤です。認知症のパップ剤でお分かりのようにパップ剤はかぶれる、アレルギーがあればいっそうです。ルパフィンは12歳以上なので使用してみたが意外と眠くならないようです。ビラノアは一番眠くならない薬です。ビラノアには非常に早く効果を発揮するという売りがあります。デザレックスには服薬をやめても少し効いているという特徴があります。ともに眠くならない薬です。ともに適宜増減ができません。デスロラタジンはカルボキシル基ビラノアはアミノ基を売うしています。ともに中枢抑制や抗コリン作用がないのがウリです。

ページ移動