ドライアイ
涙の質的異常、量的異常により、目の表面が乾いてしまうことで、さまざまな症状をもたらすのがドライアイです。
最近では点眼薬を含め、新たな治療法が登場しており症状の程度に応じて最適な医療を選ぶことが大切です。

何かと目を酷使している現代では、「目が疲れやすい」、「何となく不快感を感じる」という人が増えています。 これらの原因として注目を集めているのが、目の乾き、ドライアイです。
ドライアイは800万人以上の患者が悩まされていると推定されています。 なんとなく目の調子が悪いのは、もしかしたらドライアイという病気の一症状かもしれません。

ドライアイとは
涙の量が減ったり涙の成分が変わってしまうことで、目が乾き、角膜や結膜に障害がおこる疾患です。
ドライアイの原因
ドライアイはさまざまな原因によって起こります。 中には原因がわからないものもあります。
主なものは、
  • ①加齢や、徹夜をしたりストレスで涙の質・量が低下すること
  • ②目を酷使して瞬きが浅くなること
  • ③乾燥した場所で涙が蒸発しやすくなること
  • ④コンタクトレンズの装用、薬の副作用
などが原因となることもあります。
ドライアイの対策
涙腺は副交感神経に支配されているため、くつろぐことで涙は分泌されます。 逆に緊張することで目は乾きます。何よりリラックスを心掛け、目が疲れたら休ませましょう。
日常生活 普段の生活に少し気をつければ目の乾きを軽くすることができます。
ワープロ、コンピューター作業は休憩が必要
リラックスを心掛け、目が疲れたら休ませしょう。
なるべく上の方をみない
テレビやワープロの画面は、目より下方に置くようにしましょう。
見やすい環境を作る
机は直射日光を避けて、ワープロなどの画面は証明が反射しない場所に置きましょう。
部屋の湿度を保つ
加湿器やぬれタオルを干すなどして保湿に注意しましょう。
目薬
眼科を受診し、医師の処方した目薬をさす
症状が強い場合や長びく場合は、目に傷がついている恐れがありますので眼科を受診し、医師の指示を従うほうがよいでしょう。
ドライアイの主な治療法
主な治療法特徴
点眼剤治療 目の潤いを保つ成分を含んだ点眼剤やムチン成分の分泌を促進する点眼液を用いる治療法です。
症状が軽度の場合
液体コラーゲンプラグ治療 涙点および涙小管に特殊なコラーゲンを注入することで、目の潤いを取り戻す治療法です。
軽度から中等度の症状に用いられる
固体涙点プラグ治療 涙点にシリコン製のプラグ(栓)を挿入する治療法です。比較的重度の治療に用いられます。
重度の場合
手術治療 手術によって、涙点を閉じてしまう治療法です。重度のドライアイの治療に用いられます。
重度の場合
液体コラーゲンプラグ治療
キープティア
液体コラーゲンプラグを用いたドライアイの治療では、涙点からの涙の排出量を調節するのにコラーゲンを用います。
このコラーゲンは、冷たい状態では液状で、体温程度に温めるとゼリー状に固まる性質があります。このコラーゲンを細い管で涙点から続く涙小管へ注入することで、涙の排出量をコントロールします。
ドライアイの症状を改善するのがこの治療法です。

液体コラーゲンプラグ注入は簡単で痛みもありません。
液体コラーゲンプラグを用いた治療は通院で行えます。
液体のコラーゲンを涙点から注入します。

涙点は、まぶたの目頭近くに上下2つあります。細い管を用いて、液体のコラーゲンを注入するのがこの治療法です。注入後、液体のコラーゲンは体温によってしだいに固まります。

治療に使われるコラーゲンについて
液体コラーゲンプラグには、医療に幅広く使われているアテロコラーゲンという特殊なコラーゲンが用いられています。アテロコラーゲンは、酵素処理によって得られる、抗原性の低い、且つ安全性の高いコラーゲンです。
固体涙点プラグ治療
イーグルプラグ
涙点プラグ(るいてん)とは、ドライアイへの治療法のひとつであり、涙点(涙の流出口)にプラグ(栓)を差し込むことにより、 涙を目の表面にため、ドライアイを軽減する治療法です。

点眼麻酔を行った後、専用の測定器で涙点の大きさを測定します。そして涙点の大きさにあったプラグを挿入します。ほとんど痛みもなく、涙点の測定から挿入まで数分で終了します。最後にプラグが表面に突出していないか確認します。
涙点は右目と左目に上下二つずつあります。涙点プラグを初めて装着する場合、下二つのケースが多いです。ドライアイが酷ければ上下ともに差しこむことも可能です。
装着後から通常通りの洗顔や入浴も行えます。手術後、取り外すことも再装着することも容易です。
保険適用の手術となっています。
特に異常がなければ、ずっとつけたままでいることも可能です。とはいえ、目にとって異物であることには変わりなく、定期的な眼科での受診が望まれます。

  • 診療時間のご案内&アクセス方法
  • 姫路西川クリニック院長ブログ
  • よくあるご質問
  • 予診票印刷
  • 西川クリニック
  • お問合せ