西川クリニック スマホコンテンツ
お知らせ
8月3日(金)と4日(土)は休診します
[2018/ 2/ 9] 

8月3日(金)8月4日(土)は休診します。昨年も参加した相模原アレルギーセミナーです。ちなみに次の土曜日も保険診療は山の日で休診となっております。

お盆休みは8月14日、8月15日です
[2018/ 4/25] 

お盆休みは8月14日(火)と8月15日(水)です。つまり8月11日(土)は山の日で休日、8月13日(月)は診療しています。もうすぐ60歳です。働くなということです。

ダニアレルギーの体質改善
[2018/ 6/23] 

梅雨になりダニの増殖が目立ちます。目がかゆい、タンスをあけるとダニで鼻が詰まる、鼻水が出るなど梅雨になって訴えが増えています。ダニにも体質改善があります。年齢制限なくミテイキュア・アシテアという舌下錠が使えます。一生ダニに苦しめられ放置すると気管支ぜんそくになるかもしれません。海外では気管支ぜんそくの方とアレルギー性鼻炎の方が治療しています。まず一度受診してください

蜂アナフィラキシーにエピペン
[2018/ 7/10] 

蜂アレルギー特に重症のアナフィラキシーにエピペンをご希望の方はまず受診してください。子供さんの食物アレルギーは小児科のアレルギーを受診してください。静かな漢方専門クリニックです、エピペンは蜂のアナフィラキシー・薬のアナフィラキシーに保険適応です。2回目以降の処方になります。

12歳未満のスギ花粉症の舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)導入
[2018/ 7/ 8] 

12歳未満の患者さんにもスギ花粉の舌下免疫療法のあたらしいくすりシダュアが導入できます。シダキュアは一年間14日ごとの通院が必要です。スギはダニに比べ副作用が少なくレスキュー薬がかなり減量できます。スギ花粉症を根本から治療する舌下免疫療法を始めるにはスギ花粉症に感作されていることの証明が必要です、女性は妊娠・出産・授乳に向けて特に将来の妊娠時に向けて今から普通のお薬を飲まないように努力されています。スギ花粉症に対して新しく濃度が濃いシダキュアが鳥居薬品から発売されています。すべての子供にも舌下免疫療法が行えるようになります。。シダトレンを用いた舌下免疫療法は終わってから楽になることを目指す治療です。まずはダニアレルギーあるいはスギアレルギーであることを証明するために採血を行います。まず電話ではなく一度ご来院ください。

院外処方箋
[2018/ 7/11] 

お薬の処方は制限診療ですのでこの薬がほしいといわれた自費診療になります。開院時から院外処方です。また一般名処方を採用しているため調剤薬局の方が薬の色や飲み合わせについてはよく把握しています。お薬のお問合せは調剤薬局にお願いします。処方箋の有効期間は4日です。紛失された場合は自由診療となります。薬剤師が配置された保険薬局・調剤薬局はドラッグストアとは異なります。

大人の帯状疱疹ワクチン
[2018/ 7/11] 

アトピー性皮膚炎の方に帯状疱疹が増えている。小児の水痘ワクチンの定期接種により成人の帯状疱疹が逆に増えています。作用機序が異なるアメナリーフも登場していますが50歳以上の方に水疱瘡のワクチンが帯状疱疹ワクチンが承認されましたご希望の方は電話でご連絡あるいはご来院ください。定期予防接種として水痘ワクチンを2歳までに2回接種しているため帯状疱疹に罹患する方が増えています。昨年、孫から免疫をもらわなくなったら高齢者の帯状疱疹が増えました。

日本脳炎と二種混合は予約不要です。
[2018/ 7/11] 

他のワクチンはご連絡の上お越しください。暴れるお子様は小児科での接種を考えてください。お母さんの膝の上におかけいただきます。トイレにこもる、あるいはあばれるお子さんは小児科での接種をお勧めしております。職員による介助は原則行っていません。

更年期障害に漢方薬より有効なプラセンタの注射
[2018/ 7/ 9] 

更年期障害に保険適応で毎週2回程度プラセンタの注射をしております。プラセンタ注射はメルスモンが女性の更年期、ラエンネックが男女を問わず肝機能障害に保険適応があります。再診3割負担で500円です。女性の更年期症候群には漢方薬もよいがプラセンタ注射が非常に有効です。メルスモンは45歳の誕生日から60歳未満の更年期女性には保険が適応されます。男性更年期は自由診療になります。日本人のプラセンタを注射では使っています。漢方薬よりもプラセンタが効いています。慢性肝疾患のラエンネックも保険では一日一アンプルです。乳汁分泌不全にもメルスモンは保険適応があります。

年中鼻炎でお悩みのすべての年齢の方にダニの舌下免疫療法
[2018/ 7/ 7] 

ダニの舌下免疫療法は海外では気管支ぜんそくにも適応を有しています、ダニの舌下免疫療法ではなく皮下免疫療法は海外では気管支ぜんそくの予防に用いられています。つまり、舌下免疫療法はアレルギーマーチを阻止する可能性があります。体質改善の治療ダニの舌下免疫療法は2018年になり年齢制限がなくなりました。舌下免疫療法の保険適応であるダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎であるかどうかつまり感作されているかを調べる血液検査が必要です。年中鼻炎でお悩みの方鼻炎の舌下免疫療法をご希望の方はまず一回受診してください、高濃度のアシテアダニか低濃度のミイティキュアダニどちらがあなたには良いかなどカウンセリングを行います。副作用は口腔内がかゆくなる人が多い治療です。ダニアレルギーは症状は軽いのですが一年中鼻が調子が悪いので治療の価値があります。最初の数カ月は通常のプロトコール通りではなく少しずつ増量することが大切です。おおむね6カ月続けば有効性を実感していただけます。一日薬価は約200円です、子供医療の方は無料になることもあります。そして5年続けることが大切です。

西川クリニック お願い
  • 初診の方は、必ず保険証をご持参下さい。
  • 再診の方も保険証は、月に一度必ずご提示下さい。
    保険証のご提示がない場合は、保険診療ができない場合がありますのでご注意下さい。
  • 薬のみご希望の方も「無診療投薬」となりますので、診察室にお入りいただきます。御了承下さい。

西川クリニック 携帯コンテンツ

  • 診療時間のご案内&アクセス方法
  • 姫路西川クリニック院長ブログ
  • よくあるご質問
  • 予診票印刷
  • 西川クリニック
  • お問合せ

日本アトピー協会

日本東洋医学会

日本アレルギー学会

リンクのページ