西川クリニック スマホコンテンツ
お知らせ
重症アレルギー性結膜炎の春季カタル
[2018/ 4/22] 

眼科を受診してもアレルギー性結膜炎が改善しない、アレルギー性結膜炎の重症型には春季カタルがあります。ステロイド点眼液ではないよい治療法があります。リンデロンやリン下手点眼液で充血や炎症が取れない人が改善しています。

漢方薬は錠剤カプセルを含めて150種類以上処方可能です
[2018/ 4/23] 

保険で漢方薬を処方するということは患者さんがご希望の漢方薬を処方することではありません。ほしい薬はドラッグストアでご購入ください。ご了承ください。漢方診療は精神科のような加算が付きませんので『長時間のお話は出来かねます。』かんそのためホームページから問診票をダウンロードし話の内容をまとめて受診してください。また『他院のこの薬を欲しいというのは保険診療になじみません。』一度にたくさんの話をしてもお互い誤解が多いと思います。保険診療は安いの一度にたくさんの処方日数はやめたほうが良い。続かない人の大部分ができるだけ多くくださいとおっしゃる方です。お薬は院外処方ですが漢方薬はエキス顆粒・細粒・カプセル、錠剤150種類以上、西洋薬は2000種類の在庫の調剤薬局が目の前にございます。逆ザヤのウチダのコウイMも必要に応じて処方いたします。なお処方箋はどこの調剤薬局へ持参されても結構です。漢方薬はツムラ、コタロー、大杉、松浦、クラシエ、ジュンコウ、帝国など賦形剤が異なるメーカーあるいは錠剤・カプセルが保険診療で処方できます。現在姫路市では保険で煎じ薬は処方できません、中国の物価の影響です。逆ザヤのため困難です。

4月28日(土曜日)は10時まで受け付けです
[2018/ 4/22] 

市内の小学校が参観日のため職員の確保ができず受付が不在です。時短勤務となる予定です。個人的希望として日曜日にも行事をしてほしい。呼吸器学会に行こうと休診を企てます。4月22日結局12時を超えても終わらず眼科学会には夕刻到着しました。お早い時間での受診にご協力ください。

プラセンタの注射
[2018/ 4/22] 

プラセンタ注射は女性の更年期、男女を問わず肝機能障害に保険適応があります。女性の更年期症候群には漢方薬もよいがプラセンタ注射が非常に有効です。メルスモンは45歳から60歳の更年期女性には保険が適応されます。日本人のプラセンタを注射では使っています。

ダニの舌下免疫量に年齢制限がなくなりました
[2018/ 4/ 5] 

ダニの舌下免疫療法がお子様の年齢制限なくなり全国でダニの舌下免疫療法が急速に増えています。アシテアダニ舌下錠とミテイキュアダニ舌下錠のいずれも12歳未満のお子様さんに施工できます。将来妊娠出産授乳をお考えの方の体質改善には舌下免疫療法です。ダニが原因のアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法にはミテイキュアそしてアシテアダニ舌下錠があります。どちらの薬もよいお薬です、どちらが良いかは受診して私のお話を聞いてください。ダニのアレルギー性鼻炎に体質改善である舌下免疫療法を希望する方が増えています。ダニはスギに比べ副作用が多いため抗アレルギー薬の併用をお勧めします。口腔内の副作用は60パーセントを超えます。そのため気管支ぜんそくの既往がある方は慎重に行っています。

シラカンバ・ハンノキ科の花粉症と口腔アレルギー症候群
[2018/ 4/18] 

シラカンバは北海道と長野、ハンノキは全国に群生しています。これらはブナ科の花粉症です、今が飛散時期です。イネ科の草の飛散はまだ早い、シラカンバ・ハンノキ科の花粉症は姫路でも血液検査で陽性になる方が増えています。ブナ属の中にカバノキ科・ブナ科があります。スギヒノキと同じ時期に飛散します。検査をしないと鑑別困難です。白樺ハンノキは野菜果物アレルギーの原因として重要です。バラ科植物や豆乳を食べると口がいがいがなど口の中の症状です。

漢方薬併用で眠くならない花粉症の鼻炎の治療を目指しています
[2018/ 4/18] 

ブナ科の花粉に代わってのどの異常の方が増えています。漢方薬は眠くならずはなづまりに即効性があります。また、暖かくなり鼻閉がふえてきました。漢方薬があるいは生薬を今週から変えています。しかし、ハンノキ科の花粉も侮ってはいけません。野菜果物アレルギーや豆乳アレルギーを引き起こします。口が渇く眠いなどもありません。エキス顆粒、エキス細粒が飲めなくとも錠剤やカプセルもあります。あったかくなりました、小青龍湯が効かない人はぜひお越しください。傷寒の邪が温病に変わります。つまり漢方薬も温めるものから気分の熱をとるもの(石膏)に変わっていきます。

年中鼻炎でお悩みのすべての年齢の方にダニの舌下免疫療法
[2018/ 4/18] 

ダニの舌下免疫療法は海外では気管支ぜんそくにも適応を有しています、アレルギーマーチを阻止する可能性があります。体質改善の治療ダニの舌下免疫療法は2018年になり年齢制限がなくなりました。舌下免疫療法の保険適応であるダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎であるかどうかつまり感作されているかを調べる血液検査が必要です。年中鼻炎でお悩みの方鼻炎の舌下免疫療法をご希望の方はまず一回受診してください、高濃度のアシテアダニか低濃度のミイティキュアダニどちらがあなたには良いかなどカウンセリングを行います。副作用は口腔内がかゆくなる人が多い治療です。ダニアレルギーは症状は軽いのですが一年中鼻が調子が悪いので治療の価値があります。最初の数カ月は少しずつ増量することが大切です。そして5年続けることが大切です。

8月3日(金)4日(土)は休診します
[2018/ 2/ 9] 

8月3日(金)8月4日(土)は休診します。相模原アレルギーセミナーです。

ドライアイには実用視力
[2017/ 4/18] 

降水量が少なくドライアイの方が増えています、ドライアイにはためしてガッテンで話題の実用視力を測定できます、寒くなり空気が乾いています。、防腐剤フリーヒアルロン酸点眼液に続き防腐剤フリージクアス点眼液さらにはムコスタ点眼液を用いて治療をしています。シリコン製涙点プラグ各種さらには液体コラーゲンのキープテイアの在庫をしています、シリコン製プラグは次第に大きなサイズが必要になります。

西川クリニック お願い
  • 初診の方は、必ず保険証をご持参下さい。
  • 再診の方も保険証は、月に一度必ずご提示下さい。
    保険証のご提示がない場合は、保険診療ができない場合がありますのでご注意下さい。
  • 薬のみご希望の方も「無診療投薬」となりますので、診察室にお入りいただきます。御了承下さい。

西川クリニック 携帯コンテンツ

  • 診療時間のご案内&アクセス方法
  • 姫路西川クリニック院長ブログ
  • よくあるご質問
  • 予診票印刷
  • 西川クリニック
  • お問合せ

日本アトピー協会

日本東洋医学会

日本アレルギー学会

リンクのページ