西川クリニック スマホコンテンツ
お知らせ
大人のかたには眠くならないスギ花粉の治療をお勧めしています
[2019/ 3/16] 

大人の方には西洋薬と一番眠くならないビラノアに漢方薬さらには鼻噴霧ステロイドを併用します。漢方薬は麻黄の働きでむしろ覚醒します、体質と鼻炎そして気候の状態を合わせて漢方薬を変更します。ステロイドの注射は行っておりません。さらには6月以降は来年に向けて舌下免疫療法を行うことが可能です。ダニの舌下免疫療法アシテアと少ないながらミテイキュアも導入しております

スギ花粉症の注射はしておりません
[2019/ 2/10] 

ワンシーズンに一度だけ行うステロイド注射は副作用の観点からはガイドラインで推奨されておらず施注しておりません

眠くならないアレルギー性鼻炎治療
[2019/ 2/14] 

そろそろスギ花粉が飛散します。スギ花粉症の舌下免疫療法は5月下旬からの新規導入となります。以前の減感作療法はアレルゲン免疫療法あるいは舌下免疫療法となっております。保険適応の舌下免疫療法はスギだけです。私共では50人以上の方がスギ花粉症の舌下免疫療法に取り組んでおられます。1シーズン目から有効な治療です。5月以降新規のスギ花粉症の舌下免疫療法は可能です。ダニとスギ花粉症の舌下免疫療法を行っています。ダニかスギかといえばスギのほうが副作用は少ない。ダニのアレルゲン免疫療法(AIT)は海外では気管支喘息にも適応を有しています。

アレルギーの検査
[2019/ 3/16] 

大人の方には採血によるアレルギーの検査をしていおります。舌下免疫療法を行う方を中心に検査しています。特に小さな小児の方は小児科を受診してください。金属アレルギーの検査は検査による感作の問題もあり行っておりません。症状がないアレルギー検査は当然保険適応外です。

保険診療を旨としています
[2019/ 1/27] 

医師免許があればすべての漢方エキス製剤を処方できますが患者さんからこれほしいというのは保険診療の趣旨に添いません。これほしいという方はドラッグストアで購入か自由診療になります。この違いをご理解ください。タミフル予防投与、ロキソニン錠などNSAIDsの処方、こどもの保湿剤単独の処方は致しておりません。

2019年ゴールデンウイーク
[2018/10/27] 

4月28日から5月6日まで休診となります。5月1日は休日夜間急病センターで眼科の診療いたしますので休診になります

注意一秒けが一生
[2019/ 1/27] 

診察室にはレーザー光線が発射する機械があります、子供さん機会は決して安全ではありません

ドライアイには実用視力、疲れ目にはNIDEKのAA-2
[2017/12/28] 

姫路では日本海の湿った空気が朝来市で雪を降らし分水嶺を超えた姫路の1月はカラカラです。全身がドライシンドロームになります。お肌はスキンケア、目には目薬が必要な人が増えます。ドライアイにはためしてガッテンで話題の実用視力を測定可能です、防腐剤フリーヒアルロン酸点眼液に続き防腐剤フリージクアス点眼液さらにはムコスタ点眼液を用いて治療をしています。シリコン製涙点プラグ各種さらには液体コラーゲンのキープテイアの在庫をしています、シリコン製プラグは次第に大きなサイズが必要になります。同じくためしてガッテンに登場したAA-2もスマホ老眼や眼精疲労の検査できます。

カラーコンタクトは取り扱っていません
[2018/ 7/ 7] 

姫路市内の複数の高等学校で20パーセントのカラーコンタクトユーザーの学校があるにびっくり。私共は角膜の傷やアレルギーなどのカラコンによる障害の診療をしています。カラコンの処方はしておらずカラコンの練習用レンズも置いていません。カラーコンタクトレンズは酸素透過性が低く色落ちするものも出回っています。

女性の更年期障害に漢方薬より有効なプラセンタの注射
[2018/ 9/12] 

女性の更年期でしんどいという訴えが非常に増えています。更年期障害に保険適応で毎週2回程度プラセンタの注射をしております。悔しいけれど漢方薬よりも有効な印象です。プラセンタ注射はメルスモンが女性の更年期、ラエンネックが男女を問わず肝機能障害に保険適応があります。再診で3割負担で500円です。女性の更年期症候群には漢方薬もよいがプラセンタ注射が非常に有効です。メルスモンは45歳の誕生日から60歳未満の更年期女性には保険が適応されます。男性更年期は自由診療になります。日本人のプラセンタを注射では使っています。漢方薬よりもプラセンタが効いています。慢性肝疾患のラエンネックも保険では一日一アンプルです。乳汁分泌不全にもメルスモンは保険適応があります。

西川クリニック お願い
  • 初診の方は、必ず保険証をご持参下さい。
  • 再診の方も保険証は、月に一度必ずご提示下さい。
    保険証のご提示がない場合は、保険診療ができない場合がありますのでご注意下さい。
  • 薬のみご希望の方も「無診療投薬」となりますので、診察室にお入りいただきます。御了承下さい。

西川クリニック 携帯コンテンツ

  • 診療時間のご案内&アクセス方法
  • 姫路西川クリニック院長ブログ
  • よくあるご質問
  • 予診票印刷
  • 西川クリニック
  • お問合せ

日本アトピー協会

日本東洋医学会

日本アレルギー学会

リンクのページ