西川クリニック スマホコンテンツ
お知らせ
漢方薬は錠剤・カプセルを含めて150種類以上処方可能です
[2018/ 7/ 7] 

保険で漢方薬を処方するということは患者さんがご希望の漢方薬を処方することではありません。最近保険者からの申し立てで漢方薬を2剤を超えて処方すると保険診療には過剰医療と返戻があります。漢方薬も西洋薬もほしい薬はドラッグストアでご購入ください。ご了承ください。漢方診療は精神科のような加算が付きませんので『長時間のお話は出来かねます。』ホームページから問診票をダウンロードし話の内容をまとめて受診してください。また『他院のこの薬を欲しいというのは保険診療になじみません。』一度にたくさんの話をしてもお互い誤解が多いと思います。保険診療は安いの一度にたくさんの処方日数はやめたほうが良い。続かない人ほどできるだけ多くくださいとおっしゃる方です。お薬は院外処方ですが漢方薬はエキス顆粒・細粒・カプセル、錠剤150種類以上、西洋薬は2000種類の在庫の調剤薬局が目の前にございます。逆ザヤのウチダのコウイMも必要に応じて処方いたします。なお処方箋はどこの調剤薬局へ持参されても結構です。漢方薬はツムラ、コタロー、大杉、松浦、クラシエ、ジュンコウ、帝国など賦形剤が異なるメーカーあるいは錠剤・カプセルが保険診療で処方できます。現在姫路市では保険で煎じ薬は処方できません、中国の物価の影響です。逆ザヤのため困難です。

新しい爪白癬の薬
[2018/ 8/10] 

20年ぶりの爪水虫の薬ネイリンの処方はまず爪の検査が必要です。

更年期障害に漢方薬より有効なプラセンタの注射
[2018/ 7/22] 

更年期障害に保険適応で毎週2回程度プラセンタの注射をしております。悔しいけれど漢方薬よりも有効な印象です。プラセンタ注射はメルスモンが女性の更年期、ラエンネックが男女を問わず肝機能障害に保険適応があります。再診3割負担で500円です。女性の更年期症候群には漢方薬もよいがプラセンタ注射が非常に有効です。メルスモンは45歳の誕生日から60歳未満の更年期女性には保険が適応されます。男性更年期は自由診療になります。日本人のプラセンタを注射では使っています。漢方薬よりもプラセンタが効いています。慢性肝疾患のラエンネックも保険では一日一アンプルです。乳汁分泌不全にもメルスモンは保険適応があります。

日本脳炎と二種混合ワクチンは予約不要です。
[2018/ 8/18] 

他のワクチンはご連絡の上お越しください。暴れるお子様は小児科での接種を考えてください。お母さんの膝の上におかけいただきます。トイレにこもる、あるいはあばれるお子さんは小児科での接種をお勧めしております。職員による介助は原則行っていません。夏休みもあとわずかです。

電話でのお問い合わせでのトラブル
[2018/ 8/16] 

診療は予約制ではありません。漢方診療を中心としたクリニックです。最近診療時間内での電話でのお問い合わせで診察中の患者さんから不快であるとのご指摘が増えています。ご来院の上お尋ねください。対応するのはあくまで事務員です、事務員も接客中の電話に対し不快感を示されています。電話ではなくご来院の上お問いあわせください。私はたくさんの患者さんを診れませんので直接お越しください。

不妊治療の漢方薬
[2018/ 8/11] 

大阪で有名な漢方薬を駆使する婦人科医である蔭山充先生お勧めの当帰末と川穹末を女性特に不妊治療の方に使い始めました。調剤薬局では使えば使うほど赤字になる逆ザヤ商品です。当帰末と川芎末はエキス製剤との併用になります。

夏でダニアレルギーの増えています
[2018/ 7/25] 

マダニは野原にいる。アレルギーのダニはチリダニ。アナフィラキシーショックが起こりにくいダニアレルギーの治療が今,人気です。今まではダニいがいも入っているハウスダストの注射でしたがダニの錠剤をなめる舌下免疫療法はアナフィラキシーが少ない治療です。ダニ目がかゆい、タンスをあけるとダニで鼻が詰まる、鼻水が出るなど梅雨になって訴えが増えています。ダニにも体質改善があります。年齢制限なくミテイキュア・より濃度が濃いアシテアという舌下錠が使えます。アレルギーマーチを変えないと一生ダニに苦しめられ放置すると気管支ぜんそくになるかもしれません。海外では気管支ぜんそくの方とアレルギー性鼻炎の方が治療しています。まず一度受診してください

年中鼻炎でお悩みのすべての年齢の方にダニの舌下免疫療法
[2018/ 7/ 7] 

ダニの舌下免疫療法は海外では気管支ぜんそくにも適応を有しています、ダニの舌下免疫療法ではなく皮下免疫療法は海外では気管支ぜんそくの予防に用いられています。つまり、舌下免疫療法はアレルギーマーチを阻止する可能性があります。体質改善の治療ダニの舌下免疫療法は2018年になり年齢制限がなくなりました。舌下免疫療法の保険適応であるダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎であるかどうかつまり感作されているかを調べる血液検査が必要です。年中鼻炎でお悩みの方鼻炎の舌下免疫療法をご希望の方はまず一回受診してください、高濃度のアシテアダニか低濃度のミイティキュアダニどちらがあなたには良いかなどカウンセリングを行います。副作用は口腔内がかゆくなる人が多い治療です。ダニアレルギーは症状は軽いのですが一年中鼻が調子が悪いので治療の価値があります。最初の数カ月は通常のプロトコール通りではなく少しずつ増量することが大切です。おおむね6カ月続けば有効性を実感していただけます。一日薬価は約200円です、子供医療の方は無料になることもあります。そして5年続けることが大切です。

ドライアイには実用視力
[2017/ 4/18] 

降水量が少なくドライアイの方が増えています、ドライアイにはためしてガッテンで話題の実用視力を測定できます、寒くなり空気が乾いています。、防腐剤フリーヒアルロン酸点眼液に続き防腐剤フリージクアス点眼液さらにはムコスタ点眼液を用いて治療をしています。シリコン製涙点プラグ各種さらには液体コラーゲンのキープテイアの在庫をしています、シリコン製プラグは次第に大きなサイズが必要になります。

カラーコンタクトは取り扱っていません
[2018/ 7/ 7] 

姫路市内の複数の高等学校で20パーセントのカラーコンタクトユーザーの学校があるにびっくり。私共は角膜の傷やアレルギーなどのカラコンによる障害の診療をしています。カラコンの処方はしておらずカラコンの練習用レンズも置いていません。カラーコンタクトレンズは酸素透過性が低く色落ちするものも出回っています。

西川クリニック お願い
  • 初診の方は、必ず保険証をご持参下さい。
  • 再診の方も保険証は、月に一度必ずご提示下さい。
    保険証のご提示がない場合は、保険診療ができない場合がありますのでご注意下さい。
  • 薬のみご希望の方も「無診療投薬」となりますので、診察室にお入りいただきます。御了承下さい。

西川クリニック 携帯コンテンツ

  • 診療時間のご案内&アクセス方法
  • 姫路西川クリニック院長ブログ
  • よくあるご質問
  • 予診票印刷
  • 西川クリニック
  • お問合せ

日本アトピー協会

日本東洋医学会

日本アレルギー学会

リンクのページ