西川クリニック スマホコンテンツ
お知らせ
6月20日(木曜日)は午前中のみの診療となります
[2019/ 4/17] 

6月20(木曜日)は午前中のみ診療します。午後はお休みです

お盆の休み
[2019/ 6/12] 

8月14日8月15日はお盆の休診です

スギの舌下免疫療法ご希望の方へ
[2019/ 5/11] 

姫路市の北部で舌下免疫療法を2014年から行っています。舌下免疫療法を卒業された方も少なくありません、スギ花粉症の採血をおすみの方は花粉症の症状が収まっているようでしたらダニかスギか決めていつでもお越しください。5月の姫路はイネ科の花粉が飛散します。イネ科の花粉は背が低い草なので草むらに近づかないことです。スギ花粉症である証明が開始に当たり必要となります。他院での採決結果があればご持参ください

スギ花粉やダニの舌下免疫療法の開始
[2019/ 5/ 8] 

アレルギー性鼻炎の症状がなくなったらスギ花粉の舌下免疫療法を開始できます。残念ですが日本中探してもヒノキにはエキスも舌下免疫療法もありません。スギ花粉花粉症の舌下免疫療法はスギ花粉の飛散が終わる時期東北地方の花粉飛散も考えつまり早くて5月からの新規導入となります。以前の減感作療法はアレルゲン免疫療法あるいは舌下免疫療法となっております。保険適応の舌下免疫療法はスギだけです。私共では50人以上の方がスギ花粉症の舌下免疫療法に取り組んでおられます。1シーズン目から有効な治療です。5月以降新規のスギ花粉症の舌下免疫療法は可能です。ダニとスギ花粉症の舌下免疫療法を行っています。ダニかスギかといえばスギのほうが副作用は少ない。ダニのアレルゲン免疫療法(AIT)は海外では気管支喘息にも適応を有しています。

8月3日(土)は休診です
[2019/ 5/29] 

8月3日(土)は休診の予定です。相模原臨床アレルギーセミナーへ今年も参加します

エピペンの処方
[2019/ 5/14] 

暖かくなり蜂に刺される季節となりました。アナフィラキシーの治療薬エピペンの処方には体重が関係します。来院時は採血の結果を持参ください。まず受診いただき2回目の受診が処方になります。

女性の更年期障害に漢方薬より有効なプラセンタの注射
[2018/ 9/12] 

女性の更年期でしんどいという訴えが非常に増えています。更年期障害に保険適応で毎週2回程度プラセンタの注射をしております。悔しいけれど漢方薬よりも有効な印象です。プラセンタ注射はメルスモンが女性の更年期、ラエンネックが男女を問わず肝機能障害に保険適応があります。再診で3割負担で500円です。女性の更年期症候群には漢方薬もよいがプラセンタ注射が非常に有効です。メルスモンは45歳の誕生日から60歳未満の更年期女性には保険が適応されます。男性更年期は自由診療になります。日本人のプラセンタを注射では使っています。漢方薬よりもプラセンタが効いています。慢性肝疾患のラエンネックも保険では一日一アンプルです。乳汁分泌不全にもメルスモンは保険適応があります。

ハードコンタクトをお勧めて、カラーコンタクトは取り扱っていません
[2019/ 5/ 8] 

コンタクトレンズはハードコンタクトレンズをお勧めしております。姫路市内の複数の高等学校で20パーセントのカラーコンタクトユーザーの学校があるにびっくり。私共は角膜の傷やアレルギーなどのカラコンによる障害の診療をしています。眼科ですがカラコンの処方はしておらずカラコンの練習用レンズも置いていません。カラーコンタクトレンズは酸素透過性が低く色落ちするものも出回っています。

眼科の手術はしておりません
[2019/ 3/28] 

めばちこのを切って治したい方は他の眼科に行ってください。レーザー治療は行っています。アルゴンレーザーとYAGレーザーは新しいものに入れ替えました。ただしメバチコなどを切って治すことは顔に傷がのこることもあり慎重に対応しています。他院のほうがよいと思います。白内障手術は行っておりません。

漢方の流派は系統中医学流派
[2018/ 7/ 7] 

漢方には流派があります。流派は系統中医学流派です。2000年の第一回より東京お茶の水のお茶の水スクエアで仙頭正四郎先生の講義を聞いております。日本人向けに中国伝統医学をアレンジしているのが系統中医学です。目から鱗の医学が系統中医学です。よほどでないと腹診は致しません、問診と脈診・舌診のみです。普通の中医学は東京医療福祉専門学校、東京衛生学園そして国際中医師試験は遼寧中医学大学日本校で受験しました。さらには2000年から東京のお茶の水や飯田橋でッ系統中医学を中心に学んでおります。おそらく他の医師とは一味違う処方になります、保険診療ですのでまたこの薬ほしいというドラッグストア感覚の受診には対応いたしかねます。必ず違った薬も処方いたします、ご理解ください。

西川クリニック お願い
  • 初診の方は、必ず保険証をご持参下さい。
  • 再診の方も保険証は、月に一度必ずご提示下さい。
    保険証のご提示がない場合は、保険診療ができない場合がありますのでご注意下さい。
  • 薬のみご希望の方も「無診療投薬」となりますので、診察室にお入りいただきます。御了承下さい。

西川クリニック 携帯コンテンツ

  • 診療時間のご案内&アクセス方法
  • 姫路西川クリニック院長ブログ
  • よくあるご質問
  • 予診票印刷
  • 西川クリニック
  • お問合せ

日本アトピー協会

日本東洋医学会

日本アレルギー学会

リンクのページ