お知らせ

スギの舌下免疫療法ご希望の方へ
2022. 4.15

4月下旬から5月上旬にかけて例年舌下免疫療法を開始しています。旅行に行ってもスギ花粉の飛散が見られないことが条件です。姫路市ではヒノキ花粉の飛散は終わりカバノキかの花粉飛散に変わります。全国的にはハンノキ・シラカンバの花粉といわれていますが六甲山系ではオオバヤシャブシ、姫路市では樫の木椎の木の花粉飛散になります。スギ花粉が原因のアレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎を合わせてスギ花粉症です。スギ花粉症には舌下免疫療法が大変有効です、トマトのアレルギーにも交差抗原性で有効である可能性があります。姫路市の北部で舌下免疫療法を2014年から行っています。舌下免疫療法を卒業された方も少なくありません、スギ花粉症の採血をおすみの方は花粉症の症状が収まっているようでしたらダニかスギか決めていつでもお越しください。スギ花粉症である証明が開始に当たり必要となります。治療を始めると血液検査は参考になりません。検査開始前にRASTを検査します。治療効果の判定にはRASTの値は参考になりません。